オルゴナイトについて

オルゴナイトについて
Kanon
オルゴナイトについて
初めての方でもわかりやすいように解説いたします。

みなさま、初めましてこんばんは。

HappyオルゴナイトのKanonです。

こちらの記事では

オルゴさん
オルゴナイトって気になってるけど
どんなものなの?
わかりやすく解説してほしい!

という全く初めての方でも当サイトで取り扱っている

『オルゴナイト』について『ほかのオルゴナイトを知らない人にも説明できる』くらいに

わかりやすく詳しく説明していきたいと思います。

この記事でつたえたいこと

🍀オルゴナイトという道具の説明

🍀オルゴナイトのパワーと魅力

それでは早速解説していきます。

オルゴナイトを一言でいえば

オルゴナイトの周りの空間の『悪い』エネルギーを『良い』エネルギーに変換する装置。

オルゴナイトはスピリチュアルなパワーアイテムです。

オルゴナイトの構造は言ってしまえば

天然石や銅線をコイル状に巻いたものをレジンの中に入れて固めたものです。

作りとしては単純なものではありますが、

その秘めたパワーには驚かされるばかりです。

悪いエネルギー、良いエネルギーの『エネルギー』って何?

上記で悪いエネルギー、良いエネルギーと記入しましたが

オルゴナイトが循環してくれるエネルギーを『オルゴン・エネルギー』と呼びます。

オルゴン・エネルギーは何かっていうと…

人や物がもともと持っている生命エネルギーです。

わかりやすい例を出すと『空気を読む』の空気(オーラとか気とかってやつ)のことです。

怒っている人や悲しんでいる人の空気ってなんとなくわかりますよね?

怒っている人も悲しんでいる人もそれぞれ『怒っている気』『悲しんでいる気』を発しています。

ではその発している気を一時的ではなく出し続けた場合、どうなるでしょう?

怒っている気がとてもわかりやすいので解説します。

怒っている人

😡いつも怒っているから近づきづらい

😡怒っている本人も大量の『オルゴン・エネルギー』を消費しているため疲れる

😡怒っていることが常態化しているためその人が来ると場の『オルゴン・エネルギー』が乱れる

…という状態です。

正直、関わりたくない人になってしまいます。

これはネガティブなオルゴン・エネルギー(悪いエネルギー)

を強く出し続けており正常な自分の気を抑制している状態です。

当然、良い結果、良い状態とは程遠い状況になってしまいます。

これは極端な例ですが、これら以外にもオルゴン・エネルギーが関わってくることはたくさんあり

とくにこの記事を読んでるあなたに関わりがありそうな例をいくつか挙げます。

オルゴン・エネルギーの例

😰あと、一歩の勇気が出ない(告白など)

😰恋愛がうまくいかない(心配)

😰いつも悪い方向にばかり考えが向いてしまう(不安)

これらが悪いオルゴン・エネルギー、いわゆる『気』というものになります

ネガティブなオルゴン・エネルギーは放っておけばあなたの本来の『気』の癖になってしまいます。

オルゴン・エネルギーを整えないとなかなか本来のあなたの魅力を引き出せないでしょう。

補足

※正確にはオルゴナイトがあなたの本来あるべき

オルゴン・エネルギーの循環をしてくれるため

もともと持っていた魅力や活力を取り戻し

『不安や恐れ』といったオルゴン・エネルギーの乱れや滞りを

調和してくれるというのが正しいです。

オルゴナイトが循環してくれるオルゴン・エネルギーのことはわかっていただけたと思います。

では、そのオルゴン・エネルギーはどのように循環するのか?

『変換』の仕組みを下記で説明いたします。

オルゴナイトのエネルギー循環の仕組み

オルゴナイトの仕組みは下記のようになります。

・🍀有機物のレジン部分と天然石が悪いエネルギーを吸収してくれて

・💎無機物のコイル状の銅線部分が良いエネルギーを放出してくれます。

オルゴン・エネルギーは本来、体の中を滞ることなく

自然な流れで循環しているものです。

このオルゴン・エネルギーが滞ったり、ネガティブなエネルギーが循環してしまうと

体や精神に不調をきたしてしまいます。

オルゴナイトはこのオルゴンエネルギーが滞ってしまわないように

川の流れのように自然にあなたの体を循環するように整えてくれるものです。

オルゴナイトの効果とは

無機物と有機物からなる循環装置のオルゴナイトの効果ですが

一番最初にエネルギーを変換する装置と書きました。

ここではオルゴナイトがあなたにもたらす、期待できる効果について書いていきます。


はっきり言って期待できる効果は下記二つです。


・オルゴン・エネルギーの変換

オルゴナイトの根幹部分の効果です。

くよくよしたり上手くいかないという良くない気を吸収し

上手くいく!わたしならやれる!という気持ちにさせてくれます。

ポジティブなオルゴン・エネルギーが

心身ともに本来のあなたのあるべき状態に循環してくれるため

人間的な魅力(精力や生命力)を向上してくれます。

・場のオルゴン・エネルギーを循環してくれる

オルゴン・エネルギー版の空気清浄機

といえば想像しやすいでしょうか?

オルゴナイトのエネルギー変換装置としての機能により

大気中のオルゴン・エネルギーをも良い循環にしてくれます。

場のオルゴン・エネルギーの乱れや滞りを循環することにより

あなたが循環させている本来のエネルギー環境に

近しい状態へオルゴナイトが導いてくれるため

精神的安定、ヒーリング効果が期待できます。

オルゴナイトを作った人たち

ではそんなオルゴナイトですが

オルゴナイトの力を発見し、今のオルゴナイトの形になるまでの話をここではさせていただきます。

実はオルゴナイトは最初、今のような形ではありませんでした。

一番初めのオルゴナイト(正確にはオルゴンアキュムレーターといいます)は

人がすっぽり入れる箱でした。

下記ではそんな箱の状態から今日のオルゴナイトまでの返還をわかりやすく簡潔にお伝えします。

精神分析の父と呼ばれるフロイトの弟子ライヒ博士

まず、はじめにオルゴナイトのオルゴン・エネルギーですが

オーストリア出身の精神分析家、ヴィルヘルム・ライヒ博士 という人が発見しました。

この人は精神分析の父と呼ばれるフロイトのお弟子さんで

オルゴン・エネルギーを見ることができる人は

植物などの枝先にオーラのようなものが見えるそうです。

いわゆる『気』とか『マナ』呼ばれるものかもしれません。

そしてライヒ博士は

『オルゴン・エネルギーは根源的な生命エネルギーのことで、
生物はすべて、自分自身でこのエネルギーを生み出している』

という風に考えました。

このオルゴン・エネルギーを物理的に集めて

循環させることはできないだろうか?

という研究の元に生まれたのがオルゴンアキュムレーター(通称オルゴンボックス)です。

一番最初のオルゴナイト装置です。(この時はまだ『オルゴナイト』ということばは存在していません)

オルゴンボックスと物理的オルゴン療法

ライヒ博士は研究で、

無機物と有機物の境目に、青白い輝きを放つオルゴン・エネルギーを発見します。

この現象をもとに考案されたのが オルゴンアキュムレーター(通称オルゴンボックス)です 。

作りと効果

オルゴンボックス の構造

💎 鉄板(無機物)と鉄板の隙間に木くず(有機物)を詰めたものを

何層か重ね、それらを壁のようにして人が入れる箱にしたもの

オルゴンボックスで得られた効果

🍀肉体的・精神的に不調をきたしていた人たちの症状が回復しました。

鉄板の無機物と、木くずの有機物の接地面から

オルゴンエネルギーが生まれ、それに触れることで

その人のオルゴンエネルギーの流れが整ったということです。

この治療法を物理的オルゴン療法と呼びます。

オルゴナイトはオルゴンボックスの応用版

💎 オルゴナイトは端的に言えば携帯版オルゴンボックスです。

昔の電話ボックスが携帯電話になったようなものですね

🍀 鉄板の代わりに『金属片』

🍀 木くずの代わりに『樹脂』

これらを組み合わせたものがオルゴナイトです。

ライヒ博士の意志を継いだ人たちによりオルゴナイトは完成しました。

ライヒ博士亡き後、一時は研究結果がすべて破棄されるというような事態を迎えました。

しかし、ライヒ博士の教えを受け継ぐ人たちがいたおかげで

オルゴン・エネルギーの研究は続けられました。

そして1990年代にカール・ハンス・ヴルツという人が
オーストリアで金属片を樹脂で固めた


オルゴンジェネレーターを開発しました。 

これが『ORGONITE(オルゴナイト)』の原型です。

そこから更にアメリカの発明家のクロフト夫妻という方たちに

オルゴナイトの研究が受け継がれました。

2000年…クロフト夫妻は

金属の小片、クリスタル・天然石などを樹脂によって固める事で、

ヴルツ氏のオルゴナイトのパワーを更に向上させた

現在のオルゴナイトを発表しました。

この製法で作られたオルゴナイトが世界中に広まり

現在、私の作っているオルゴナイトたちもこの製法で作成し

数々のお客様に迎えられています。

当サイトのオルゴナイトの使用例

そんなパワーグッズとしてのオルゴナイトですが

オルゴさん
オルゴナイトはどうすればより効果的に使えるの?
最も効果的な使い方を知りたい!

という方に向けて

わたしKanonがオススメする自分でも使っている使用例や

置き場所などをご紹介したいと思います。

アクセサリーとしてのオルゴナイト

Kanon
ペンダントやキーホルダー、
ヘアピンなど身に着けるものとして

オルゴナイトを装身具として使用する例です。

よく使われるのがペンダントトップにオルゴナイトを使用するものや

キーホルダーとしてバッグや財布に付けるといったものです。

オルゴナイトの循環効果により悪い気を吸収し、

本来のオルゴン・エネルギーの状態を保つことができます。

常日頃から持ち歩く形にしているので常時、オルゴン・エネルギーの循環を行えます。

置物としてのオルゴナイト

Kanon
インテリアとしても空間を彩ります。
アクセントとして是非!

玄関や自室のインテリアとして使用する例です。

わたしは自作のオルゴナイトを玄関、トイレ、寝室、リビング、車の中など

家の中を常に正常なオルゴン・エネルギー状態を保つ為、

様々な場所にオルゴナイトを設置して循環させています。

基本的にオルゴン・エネルギーの循環が悪くなったり滞ってしまうと

良くないため生活する場所にはエッセンスのように配置してあります。

オルゴナイトの浄化について

オルゴナイトは常にオルゴン・エネルギーが循環しているため

浄化する必要はありません。

ですが、私の場合は前段階としてオルゴナイトの形にする前に天然石ひとつひとつを

水晶で浄化してからオルゴナイトを作成してあります。

お客様へお届けさせていただいているオルゴナイトたちも

同様の手順を踏んでおりますので届いた時からパワーを発揮できるように工夫しております。

Kanonの作品たち

Kanon
わたしがこれまでに丹精込めて作ってきた作品たちのことについて
少しお話させてください。

わたしKanonの作品たちの持っているパワー

Kanon
始まりは、OLに疲れ果てて
癒しを求めて作ったことからはじまりました。

仕事に追われ、疲れ果てていた時。

何気ない海外の動画で出会たのがライヒ博士の『オルゴナイト』でした。

何故か直感的に興味を持ったわたし…すべてはここから始まりました

さっそく、歴史的な背景を調べあげ作り方や材料を集めいくつか作てみることに

すると、作ったオルゴナイトを側に置いているうちに

気がつくと悲しんで落ち込むことがなくっていたことに気がつきました。

また、体質的によく金縛りにあっていたのですが、

全く金縛りに合わないということも。

これはすごい!と思い

早速、母にもオルゴナイトを作って渡しました。

母は接客業で、クレーマーがたびたび来る職場だったのですが、

翌日以降、クレーマーが一定以上近づいてこない!

母からも『すごくいいよ』と感想をもらいました。

これは、もっと沢山の方にこの効果を実感してほしい!


オルゴナイトのすごさを多くの人に体験してほしいと思い。

Happyオルゴナイト作家、Kanonとして活動を始めるようになりました。

ひとつひとつの作品に想いとこだわりを乗せてお届けしております。

わたしの作品たちはひとつひとつ全て丹精込めて作成をしております。